婚活に恋愛感情は必要か【いい人なんだけど…】

恋愛感情を持てない相手と結婚ってあり?

婚活をしていると皆さん結構な確率でぶち当たる問題、恋愛感情。
自分が設定した条件はクリアしているのに、どうしても恋愛感情が沸かねぇ…

でもこの人を逃したら、こんなに良い人はもう現れないかも!

けどそんな恋愛感情のない状態で結婚して幸せになれるのか?!うぉぉ…
という問題ですね。あるある。

今回はこの問題について考えてみます。

2つの視点から考えてみる

自分はどんな結婚がしたいのか?

1.自分が恋愛できる人に出会えたら、結婚したい。
2.恋愛じゃなくても、人間として好きになれる相手と出会えたら結婚したい。そうでない人と結婚するくらいならしない方がいいや。
3.自分の決めた条件さえ満たせばいいから、とにかく結婚は絶対にしたい。

まだあるかもしれませんが、おおまかにこんなところでしょうか。
一口に結婚したいといっても、結婚したい動機によって求める形は様々ですよね。

私は1番一択でした。
2と思って婚活してたつもりだったんですが、結局恋愛じゃないと無理だったので1です。

恋愛感情の沸かない相手と一生一緒に過ごすくらいなら、独身で終わろうと。

これはもう人それぞれですよね、どれが良いとかどれが悪いとか無いと思います。

あなたの性質から考える

好きじゃなくてもできる?

籍を入れて夫婦になったとき、いくつかの義務が生じます。

恋愛感情のない関係だった場合、問題になるのが性交渉に応じなければならない義務や、不貞行為を行ってはいけない不貞義務だと思います。恋愛感情がないからといって理由なく性交渉を拒否し続けたり、夫以外の人と性交渉を持つことは離婚理由になってしまうのです。

女性には、恋愛感情が無くても生理的に無理とかじゃなければ性交渉を持てるタイプと、恋愛感情がないとできないタイプが居ると思います。

後者の人間が恋愛感情のない結婚をしてしまったら、間違いなく悲劇。
自分にとっても相手にとっても良いことありません(夫婦間で外注okとか特別な取り決めでもしてれば話は違うかもしれませんが)。

私は後者の人間…どう自分に暗示かけても無理なもんは無理!

恋愛感情が沸くのに時間がかかる方?

最初はそんなに好きじゃなかったけど、付き合ってるうちに段々好きになって今では自分の方が大好き…って話、たまに聞きますよね。

恋愛感情が沸くのに時間のかかる方は、一緒に過ごす時間が増えるうちに恋愛感情が芽生えてくる可能性が捨てきれません。

こういうタイプの方は今恋愛感情が沸かないからと言って関係を終わりにするのは勿体ないかも。

何年も引っ張るのは問題ですが、長めの旅行に行ってみるなど相手と一緒に過ごす時間を長くして様子を見てみてはいかがでしょうか。会う回数を増やすだけでも、単純接触効果で情が沸きやすいですよ!

一方熱しやすく冷めやすいタイプの方はこれには当てはまらないかもしれません。
私がこのタイプ。1回デートして恋愛感情沸かないと思った相手を好きになることはまずありません。さっさと次にGOGO!

恋愛感情は3年しかもたない?

“人間として好き”と“恋愛感情”って全く別物ですよね。
一度でも恋をしたことがあるなら分かるあの感じ。
仕事で疲れてても、短い時間でも会いたい!一緒に居ると幸せ!
っで冷めたらあれ…私この人のどこがそんなに好きだったんだろ…ってなるやつ。

これ、ホルモンのせいなんですね。




薄々分かってはいたけど。切ない。
人間も生物ですもんね。繁殖しなかったら絶滅しちゃいますから。

フェニルエチルアミン(PEA)という恋愛ホルモンが分泌されると、脳みそ恋愛モード!に突入します。恋愛のときめきが生まれるわけですね。
しかしこのホルモンは、3年程で分泌されなくなってしまうようです。

 

マグ澤
無責任な分泌の仕方しやがって貴様…!!

結婚生活は死ぬまで続くのに。そりゃレスで悩む夫婦が多いのも当然。自然の摂理。

となると、3年で消えてしまう感情にあまりこだわるのも得策ではありませんね…
重要なのは、恋愛感情がなくなっても家族愛を育てていける関係かどうか。

逆に最も恐ろしいのは、恋愛感情だけで結婚することじゃないでしょうか。
恋愛感情消えたら何も残らないなんて辛い。

答えは自分の中に

結論:人によるからしっかり悩んで考えよう。

なんて無責任な結論を…と思われるかもしれませんが、これしかありませぬ。

私の場合は、やる後悔よりやらぬ後悔の方が引きずる。

やって後悔するのは「その時はこう思ったんだから仕方ない、次がんばろー」で切り替えられるんですが、やらないで後悔した場合は「あの時こうしていたらもしかしたらもっといい結果になっていかたも…」ってなるんですよね。

だから私は“恋愛感情を持てない相手は無理”という判断をするのに時間がかかってしまいましたし、お相手に時間を割かせて傷つけてしまったかもしれません。その節は本当に申し訳ございませんでした。

けれど、他人がどうこう言っても結局は自分が納得しないと前に進めませんよね。

自分の感情と向き合って真剣に考えてください。

どちらを選んでも、自分が真剣に考えた結果であれば仕方がないのです。
その時のベストを選んだのだから、どちらを選んでもあなたは間違ってない。

悔いの残らぬ婚活を!