婚活アプリのネックとそれでも使うことにした理由

婚活アプリを使うことにした経緯

パーティや合コンでの出会いに限界を感じた

これまで約2年間、婚活パーティや合コンに積極的に参加して出会いを探してきました。
しかし婚活パーティでの出会いには成果がなく、田舎ゆえに「あ、どうも、また会いましたね」っていうのが増えてきました。

友達が誘ってくれる合コンも100%の勢いで参加してきました。良い人は沢山居るのですが、なかなか結婚に結び付くような出会いが無い。

2年も続けてきて駄目だったのに、この先出会える可能性はあるのか?

そもそも私が結婚したいタイプの男性はパーティ、合コンには現れないのでは説

私が思い描いていた理想の結婚相手。
インドア派でゲームや漫画に理解を示してくれる人。
イメージ的には奥手で真面目な理系男子。
・・・・
・・・・
そんな人婚活パーティ来るか?奥手なんだぞ。
合コン来るか?合コン来る人大体BBQとかフェス好きだよね?(偏見)
では私が好きな理系男子は何処に…
・・・・
・・・
もしかして家?
インドア派だから、家に居るの?
それどうやったら会えるの!!!?

友達がアプリで結婚

そんなこんなで私がうだうだしている間に、高校からの友人が結婚することになりました。
お相手は3つ年下のIT関連会社勤務の男性。写真を見せてもらったところ、可愛い系イケメン…!
お互い写真を撮るのが趣味なようで、とても仲良く幸せそうです。
当然出会いの経緯を根掘り葉掘り聞くわけですが、まさかの“婚活アプリ”!

私「そんな奇跡あるの…?!」
友「あるんだねぇ…」

しかも今まで会ったのは彼だけだそう。なんて奇跡…!
婚活アプリを使ったという話を身近で初めて聞いた私。
友達はとても真面目で堅実で仕事もできる優等生タイプの女性なので、婚活アプリが私の中で一気に真面目な出会いのツールにイメージチェンジ

30歳まであと1週間

あと1週間で私の20代が終わる…
毎日恒例、眠る前ベッドの中で焦燥にかられます。
誕生日が楽しみじゃなくなったのは一体いくつからだっけ…

もうなりふり構ってられる場合じゃないのでは?
いつかこの婚活に見切りをつけて終わらせる日が来るかもしれないけど、できることは全部やって、後悔無いように終わりたい

婚活アプリのネック

婚活アプリの存在は知っていましたが、なかなか手を出す気になれなかったのには理由があります。
皆さんそうだと思いますが、大体この2点ですよね。

◆身バレが怖い
◆詐欺やヤリモク、犯罪に巻き込まれるのが怖い

1.身バレが怖い

私が住んでいるのは田舎…
婚活アプリに登録しているなんて知れたらたちまち噂になるのでは…!
プロフィールさらされたりして!死ぬ!死んじゃう!
というリスクとの闘い。恐ろしいですね…
けどもしこれでいい出会いがあったら?
アプリ婚活しなかったがために結婚のチャンスを逃すことになったら?
そっちの方がもっと恐ろしい…!

 

試しに登録してみて、知り合いが居たら考えよう。
そしてリスクを最小限にするため短期間で辞めよう。
そうだな、30歳までの1週間で辞める。
マグ澤
短っ
チキンかよ
過去の私は若かったのか(30になるところです)、過剰に身バレの心配をしていましたが、バレたらバレたで
「いや~婚活してるんですよ~!誰かいい人居たら紹介してください!」
でいいような気もする。現代のネット社会でネット婚活してて何が悪い。
それに私がアプリで婚活してるなんて話、そんなに面白くもないし話題性も無いわ。
自意識過剰かよ。堂々としていれば良かった。

2.詐欺やヤリモク、犯罪に巻き込まれるのが怖い

そもそも婚活アプリって出会い系の名前を変えただけだよね?
という先入観が拭えない私。
婚活女性を食い物にしようと目論む恐ろしい男性がうようよ居るものと思っています。

まぁでもこれは登録してやり取りが続いていざ会うぞ!ってなった時の話…
そもそもカップリングされない可能性もあるわけだし、会うことになったら考えよう。
ということで、問題を先送りにしました。

だって怖がってても何も始まらないんだもの!
っていうかパーティもそんなんばっかだったし今更か!
もう怖いもんはねぇな!!

婚活アプリはじめました

思い立ったが吉日。
その日のうちにアプリ2個登録しました。
疲れました。

詳しくは続く!