婚活女子に写経、沁みる。【心が辛いとき】

一応お断りしておくと、私は熱心な仏教徒でもなんでもありません。
実家が何宗なのかも葬式の時やっと調べて判明するくらいだし、お寺には京都観光でくらいしか行ったことのない不信人者です。

突然写経とか言いだすと大抵の友達には

「大丈夫?いい病院紹介しようか?」
「ついに病んでしまったの?」

とか言われるんですけど、多分大丈夫。

むしろ心の平穏のためにはじめたところ、意外と効果あったので皆さんにもぜひ知っていただきたく、紹介させていただきます。

写経とは

写経とは、お経を書き写すこと。
お経とは釈迦が説いた教えがまとめられたものです。
お経には色々ありますが、現代の写経では一般的に「般若心経」という300字程度の短いお経を書き写します。

本来写経は、まだ印刷技術が無かった時代にお経を書き写し、仏教を広めるために行われていました。後に写経そのものが修業として行われるようになり、書き写すこと自体が徳のある行為と考えられています。現代では写経の心を落ち着かせる効果などが期待され、一般の方にも広く行われるようになりました。

写経をお勧めする理由

教義が婚活中の身に響く

正直お経なんて何言ってるかわからん…
訳されたところで理解が難しそう…

確かに私もそう思います。
けど、般若心経は意外と短く、書いてあることもそんなに難しい内容ではありませんよ!

般若信教には何が書いてあるか?

摩訶般若波羅蜜多心経(般若心経)

「空(くう)」思想について説き、すべての事象は不変の実体をもつものではなく、深い智慧により執着を離れることで悩みや苦しみから解放されるとする。

引用: “お経入門” 禅~凛と生きる~ 曹洞宗近畿管区教化センター

般若心経では、肉体も精神も全てが空(実体がない)。

ざっくり言っていいのかわかりませんが、

要するに全ては実体がないから、増えもしないし減りもしない、感情もなく、感覚器官で認識できる全ても無い。

だから執着やこだわりを持つ必要はなく、恐怖もない。悩み苦しむことは全くないのだ、というような内容です。

 

こだわりをすてれば「恐怖」もなくなる

(前略)わたしたちの日常において、私達の臆病な「心」は、いつもなにかにしがみついていなければ、不安でなりません。そうした執着やこだわりが、ふつうならなんでもないようなものまで、とてつもない「恐怖」のたねにかえてしまうのです。

引用:ひろさちや監修. 書き込み式「般若心経」練習帳, 成美堂出版 p99

 

婚活中の自分を思い返すと、失恋したばかりでも既婚者に騙されても、立ち止まるということができなかった。

怖くて立ち止まれなかったんです。

今止まってしまったら結婚のチャンスはもっと遠のくんじゃないかって、先の見えない不安に怯えてました。

今思えば結婚が人生の全てではないし、結婚しなかったからといって死ぬわけでも自分の価値が無くなるわけでも何でもないのに、「結婚しなければならない」という思い込みに縛られていたような気がします。結婚への執着ですよね。

そんな時に写経に全てを救われた訳でも、写経したからって婚活の足を止められた訳でも無いんだけれど、でもちょっと自分を客観的に落ち着いて見ることができたなと思います。

心を落ち着かせて腹を座らせる役に立ちました。

雑念を消してて心を静める

婚活中、普通に日常を送っていても、気づいたら上手くいかない婚活のことを考えている、ということが多々ありました。

もう強迫観念。私、けっこう病んでいたのでは…。

写経している間は丁寧に書くことに集中するので、余計な雑念が消えます

日常生活パソコンやスマホで文字入力することが多くて、集中して文字を書く機会ってあんまりありませんよね。そういう「普段しない新鮮な行動」が頭をリフレッシュするには最適!

悩みがあるとそればかり考えてしまって頭の切り替えができない…という方におすすめです。

自宅で気軽に取り組める

本来写経は作法が厳しいもの…

必要な道具も写経専用の用紙に筆や硯…うちに無い…ってか一般婚活女性の家には普通無い。
始めるまでの準備が面倒だとやる気を失いますよね!

私なんか特に準備に3分以上かかる行動はできないので、思い立ったら秒で取り組めないと無理ですね。
お菓子とか人生で3回くらいしかつくったことないわ。小麦粉とか計るの超面倒。バレンタインデーは買う派。

という話は置いといて、自宅で手軽に写経に取り組みたい場合は、今は便利な本がいっぱい出てます。

私が買ったおすすめ写経本

書き込み式「般若心経」練習帳
ひろさちや(監修)、新井紫峰[書] 成美堂出版

こちらは本に直接書き込めるもの。

筆ペン(ボールペンでもOK)を準備して本を開けば、空いた時間が5分でもあればいつでも取り組めます。

また、教義を1文ずつ丁寧に説明してくれているので、書くのもめんどくさいときは読むだけでも楽しめる

そして説明もとても分かりやすいので、気合を入れなくても気軽な気持ちでページを開けます

ただ、2020年4月現在 中古しか見当たらず…新品が良い方は下記がおすすめ。

こちらもおすすめ



【書き込み式】般若心経写経帳 1日1行で心が整う、字が上手になる
鈴木曉昇  
(著), 
名取芳彦 (監修)
コスミック出版

著者はNHK大河ドラマなどでも活躍されている人気の書道家。

こちらの練習帳も、一行ごとに分かりやすく般若心経の解説があり、読むだけでも楽しむことができます。

はがきや熨斗袋の書き方のお手本もついているので、日常生活でも役に立ちますよ。 

もっと本格的にやりたい人へ

もっと本格的にやりたい!という方は、写経会なるものを開催しているお寺もありますので、お近くのお寺を調べてみてはいかがでしょうか。お寺によりますが、費用は大体1,000円~2,000円くらいです。道具も貸してくれるところが多いので、案外気軽に参加できそう。

お寺に行くほどではないけど、やっぱり筆で書きたい!という方は、100均にも写経セット売ってますよ。

荒んだ心を鎮めたいとき。

落ち着いて前を向きたいとき。

騙されたと思って、一度やってみて!