【婚活アプリの男】鯖を読んでいた山口

婚活アプリでマッチングした山口さんとの話です。

山口さんとの出会い

婚活アプリでマッチング

山口さんとは、婚活アプリ(omiai)でマッチングしました。

婚活アプリに登録してすぐ「いいね」をくれた男性の一人です。

山口さんプロフィール(アプリ上)

年齢 当時31歳(私29歳と11か月)
身長 175㎝
職業 会社員
趣味 アニメ・ドライブ
写真 誤魔化し無しの、正面からの写真。体型は細身。普通というか、特に悪い所がないすっきりしたお顔立ち。

山口さんとのやりとり

やりとりは割と毎日、寝る前の時間に返信して2ターンくらい。

口調は丁寧すぎることも砕けすぎることもなく、温度感が丁度いい感じでした。
話してる感じ普通の人。

アニメが趣味とのことで、聞いてみたところエヴァ好きとのこと。
他は有名どころを若干…ってくらいで詳しくはありませんでした。

私も初恋はカヲル君に捧げたタイプの女なので、劇場版リメイクの話に花が咲きました。

しかし、アニメ好きって言うわりにはエヴァしか知らない人って大概パチスロ好きなんだよな…(母数の少ない私統計)

これはおいおい要確認だな…

お仕事はタイヤの関係の販売をやっているそうです。

居住地、遠い問題

1週間くらい経った頃、山口さんが「会ってお話しましょう」と言ってくれたんですが…

私たちの家、若干遠い…

…若干か? もしかしてこれ田舎規格?

具体的には 車で片道4時間。

アタシね、実はマッチングした時から遠いな~遠いな~ってね、思ってたんですよ。

日帰りは無理め。

「車で行きます!」と言ってくれてるんだけどどこに泊まる気なんだ…?

当日になってわざわざ来たんだから泊めてよ!とかなったら困るし一応釘差しとこ!

私「遠いのに大丈夫ですか?なんか申し訳ないです。お泊めすることもできないですし…」

山口「どっかホテル取るから大丈夫です!」

\良かったー!/

マグ澤
そもそも婚活アプリでなんでそんな遠距離の人とマッチングした訳?
近場の男が居ねぇんだわ!!!

そう…田舎ゆえに、近場の婚活男子があんまり見つけられない。

そこで私は、お相手の居住地の条件をちょっと遠くまで広げることにしました。

すごくいい人が居れば、まぁ頑張れば日帰りできるくらいの範囲なら良いかなと思いまして。

もし結婚となると今の仕事を辞めて地元を離れなければなりませんが、それくらいしないと結婚相手は見つけられないのでは?と思ったのです。

それに、この田舎の狭い人間関係にもちょっと辟易してた。

これ以上ここでやらかすと、元カレとか元カノが繋がりすぎて皆兄妹になりかねないんですわ。

山口さんとデートの問題点【田舎あるある】

初回からロングタイム

アプリで会った人との最初の面接って、さっと終わらせたいですよね。

お互いアリかナシかなんて会って30秒で分かるし。

ヤバいやつかも分からんし(お前もな)。

今回だって、できればお茶かランチくらいで済ませたい…

しかし車で片道4時間かけてホテルまでとってわざわざ遠方から来てくれるのに

ランチだけして解散☆っていう訳にいかないよなぁ…

もしお互いナシだった場合、辛く長い一日を過ごす羽目になりかねん…

車じゃないとどこにも行けない

田舎だからですね、公共交通機関はバスとかあるっちゃあるけど、目的地によっては1時間1本とかザラでして…

観光スポットをいくつかご案内しないと時間をつぶすのが難しいんですが、色々周るには車じゃないと厳しい…!

一応まちなかプランを提案してみるも…

でもやっぱり初対面の人の車に乗るのって危機管理能力無さ過ぎるじゃないですか。

どこぞの山に置き去りにされても文句言えないやつ。

私「車はちょっとアレなので、できれば街中でどうですか?」と提案してみました。

山口「えっなんで?車で行きましょうよ」

全く伝わらん。

私「いや初対面になりますし…」

3ターンくらいは粘りましたが、結局私、押し負けました。

彼の中では、がっつり早起きして午前中にはこっち着いて、観光しまくって夜解散する!っていうプランが出来てしまっていたらしい。

そう…あの頃の私は自尊心とか大事なものが地の底まで落ちていました。

押しに弱く、頭も弱いパッパラパー状態。

絵に描いたような駄目女っぷりを存分に発揮中。

今考えれば、本当にぞっとしますね。

どんな状況であれ、たとえ5分であっても、初対面の男の車に乗るなんてとんでもないことです。

車に乗る = 相手に命を預ける ですからね!!

淑女の皆様は、決して真似されませんよう!

そしてもうデート計画のこの時点で山口さんの性格に疑問を持ち始めました。

相手の立場に立って考えられない人なのかな?

自分の意見を曲げたくない人なのかしら…


次回、デート編!
さぁ山口は何を鯖読んでいたのでしょうか!!